AGA(男性型脱毛症)治療

男性型脱毛症(AGA)とは?

 AGAとはAndroGenetic Alopeciaの略称で、成人男性に多くみられる頭の毛が薄くなる病気のことで「男性型脱毛症」の略です。他の脱毛症と異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部(頭のてっぺん)の髪がどちらか一方、または双方から薄くなり進行していくのが特徴で、細くて短い髪の毛が増え、薄毛・抜け毛が目立つようになります。AGAでは何もしないでいると薄毛・抜け毛が徐々に進んで行きます。AGAの発症年齢や進行の程度には個人差があります。早い人では、10代で症状が現れるケースもあります。AGAの原因として一般的にDHT(ジヒドロテストステロン)や遺伝、頭皮の硬化や衛生状態、老化、ストレスなどが関係するといわれています。

治す方法は?

 このAGAの有力な治療法として、リアップなどの外用に代わって飲む薬(プロペシア)が開発されました。これはAGAの原因のひとつとされるDHTという物質を抑える作用があります。後発品(フィナステリド)もあります
 脱毛症と一言で言っても、その発症原因や最適な治療法は一人ひとり異なります。男性ホルモンに影響を受ける男性型脱毛症や自己免疫異常によって起こる円形脱毛症、心因性(ストレス)による抜毛症など様々です。

お薬はどのくらい効きますか?

 お薬を内服されて1年後には半分以上の方の毛が増えています。また、薄毛・抜け毛の進行が止まった方を含めるとさらにそれ以上の方に効果が認められています(使用開始5年後には90%の方で効果あり)。

お薬の副作用は?

 胃の不快感、性欲減退などの可能性があるようですが、実際にはあまり問題にはならないようです。比較的安全性が高い薬です。しかし、まれに性欲減退や性機能低下の副作用が起こるという報告もあります。
 もし、このような症状が起こった場合には、内服を中止すると症状は改善するので安心です。AGA治療薬の服用は、食事に関係なく1日1回の内服で6ヶ月以上飲み続けることで効果がみられるといわれています。しかし、自己判断で治療を中止したり、誤った使い方をすると、副作用が起こりやすくなることもあるので、必ず医師と相談しながら内服するようにしましょう。

お薬の費用は?

健康保険が使えませんので、全額自費になります。診察料は不要です。

プロペシア錠1㎎ 9,070円(税込)、28日分
フィナステリド錠1㎎(後発品) 7,260円(税込)、28日分
ザガーロカプセル0.5㎎(2016年発売) 9,720円(税込)、30日分

 

プロペシア処方の流れ

  • 診療時間内に、直接ご来院下さい(予約不要)。
  • 待合室で、お呼びするまでお待ち下さい。
  • 医師による問診と薬の説明をさせていただきます(診察からお薬をお渡しするまで約5分ほどです)
  • 診察終了後に問題がなければすぐに処方(院内処方なのでそのまま持ち帰れます)
  • 料金は、薬代だけです。